エル歯科医院について
医院案内
スタッフ紹介
メディア掲載実績
アクセスマップ
トップページへ戻る
診療内容
インプラント
審美歯科
入れ歯・義歯
矯正歯科
予防歯科
歯周病講座

サンライズセラミックの治療例

「虫歯の部分が大きいので、この歯はかぶせないとだめですね」
歯医者さんにそんな風に言われた事はありませんか?

「白い歯にしますか?銀の歯にしますか?」
という風に歯に冠をかぶせる時、かぶせ物の材質を 聞かれたことはありませんか?


 ≪サンライズセラミックの特色≫
  一般的にセラミックの歯はポーセレンという材質で できています。
    (審美歯科治療には なくてはならない材質です。)
 ◎ お口の中で長期間、色の変化はありません。
  どんな歯の色でも再現できます。
  かぶせることにより、生まれつきの歯の色や形を変えることができます。
  奥歯に適用すれば審美的かつ、かみ合わせの良い形の歯に変えることが可能です。
   (色や形は歯科医学的に妥当とされる範囲の中です。)


  『 右の写真 だけをご覧になって、どこの歯が人工の歯か解りますか? 』
   
    
         冠をかぶせる前             冠をかぶせた直後
   当院で上顎右側の犬歯(糸きり歯)に審美歯科修復治療を行った症例の写真です。
   患者様はサンライズセラミックという冠をご希望されました。

このサンライズセラミックの冠は、患者様の歯と同じ色に作るので 自然な感じに仕上がります。 1 本の歯をかぶせるためにも、綿密な診査診断・修復物の設計を行います。

慎重に治療した結果、歯肉にも調和し 機能的にも形態的にも満足のいく 審美歯科治療が 行われたと思います。

  
  この治療でかぶせたサンライズセラミック
  
         
   サンライズセラミックの内面は金箔で、その外側にセラミックを焼き付けてあります。
   かぶせるものと 歯の継ぎ目が目立たないように、いろいろな工夫がされています。
   同じサンライズセラミックでも、最も審美性の高いカラーレスサンライズセラミックです。 

歯に冠をかぶせるためには、セラミックの材料の厚みを確保するため 必ず 元の歯を少し細く削ら なくてはいけません。  かぶせ物がいくらきれいでも、かぶせた内部の歯が健康でなければ長持ちはしません。 そこで 削る際には歯にダメージを与えないように 注意することが重要となります。
当院では切削時に発生する熱を最小限にするために、注水などに最大限の配慮し、 高性能の切削器具を使用しております。                  

デンターネット

診療日時のご案内

■診療時間

  • 9:00〜13:00、14:30〜18:30
  • 土・日・祝日も診療中
  • 不定休のため初診の方はお問合せください
  • tel.048-521-001

エル歯科医院
埼玉県熊谷市弥生1-19
Tel.048-521-0001
Fax.048-521-0002

熊谷市弥生1-19

大きな地図はこちら

熊谷市だけでなく、深谷市・行田市・鴻巣市・東松山市・大泉町・太田市・館林市・大里郡・児玉郡などからもインプラント治療のために多数来院されております。

携帯サイト

Dr. Navi

---