エル歯科医院について
医院案内
スタッフ紹介
メディア掲載実績
アクセスマップ
トップページへ戻る
診療内容
インプラント
審美歯科
入れ歯・義歯
矯正歯科
予防歯科
歯周病講座

シムプラント

安全で短時間のインプラントの実現

プレビスタ

日本メディカルマテリアル社の歯科用CT「プレビスタ」が設置されました。
この装置で歯の形やインプラント手術するあごの骨の形を正確に診断する
ことができます。
結果としてインプラント手術の短縮や手術の安全性が高まります。
このプレビスタは埼玉県では第1号機です。
あわせてデジタルレントゲンシステムも導入しました。
すべての治療台でCT画像をご覧になることができます。

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント(人工歯根)治療の成功のためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが
とても重要です。
当院では高性能歯科用CT装置が設置されており、あごの骨の断面画像を撮影し、
その画像を見ながら治療の計画を立てます。
シムプラントとはより安全で、無理の無い治療を受けることが出来る最新のインプラント
治療計画ソフトです。

CTとはどういうものでしょうか?

CTの様子 コンピュータ断層撮影(computed tomography)
の略で、X線とコンピュータを使ってからだの
断面を輪切りの状態(断層画像)で見ることが
出来るようにする装置です。
断層画像からは体の各臓器の形態、大きさ、
位置などを確認することが出来ます。


何のために診断を行うのでしょうか?

歯医者さんではよくX線撮影をしますが、これは一方向にX線を透過させただけの
簡単なものです。X線撮影をした画像は、歯の様子を見たり虫歯の様子を治療する
ためにはとても役に立ちます。
基本的に骨の厚みや高さが多い人はCT撮影をすることなく、インプラント手術が可能です。
しかし通常直径3mm〜4mm、長さ10mm〜13mmのインプラントを埋める為に
骨の量が充分かどうか微妙な方がいらっしゃいます。また骨粗しょう症の人など骨の中の
緻密度がインプラントに適しているかどうか心配な方もいらっしゃいます。
そのような方にはインプラントの治療において、手術前にあごの骨の厚さや形、
骨の質などを調べる為、CT撮影をすることにより、安全、確実、しかも短時間の
インプラント手術が可能になりました。以前は歯肉を切開した後、骨の形が悪くて
手術を途中で断念しなければならないこともありました。現在はインプラントが
無理な場合は手術前に判断できますし、骨がない人にどうしてもインプラント治療が
必要な場合は骨の移植の為の診断もすることが可能になりました。

歯医者さんではどんな説明がありますか?

当院では、コンピュータを使って画面を見ながら、患者様に適切なインプラントの
種類、埋入方法、本数を決定して治療費の見積もりなどをご説明します。
コンピュータの画像は、CTを撮影した画像から作り出したあごの骨の写真です。
この画像ではどこでも見たい位置の骨の常態を見ることができ、当院ではこの
画像を使って手術の前に計画を立てます。

シムプラント-コンピュータ画像
シムプラント-コンピュータ画像

シムプラントについて、もっと詳しく知りたい方は
横河技術情報のホームページへ

デンターネット

診療日時のご案内

■診療時間

  • 9:00〜13:00、14:30〜18:30
  • 土・日・祝日も診療中
  • 不定休のため初診の方はお問合せください
  • tel.048-521-001

エル歯科医院
埼玉県熊谷市弥生1-19
Tel.048-521-0001
Fax.048-521-0002

熊谷市弥生1-19

大きな地図はこちら

熊谷市だけでなく、深谷市・行田市・鴻巣市・東松山市・大泉町・太田市・館林市・大里郡・児玉郡などからもインプラント治療のために多数来院されております。

携帯サイト

Dr. Navi

---