エル歯科医院について
医院案内
スタッフ紹介
メディア掲載実績
アクセスマップ
トップページへ戻る
診療内容
インプラント
審美歯科
入れ歯・義歯
矯正歯科
予防歯科
歯周病講座

インプラント全顎症例

この患者様はご自分の歯が1本だけですが残っています。
人間の永久歯は14本ですから、13本の歯がだめになってしまった訳です。

しかし、その代用として11本のインプラントを手術で埋入することができました。
1本のご自分の歯と11本のインプラントで計15本のセラミックの歯を製作する ことができ、ほぼ理想的な歯列弓が再現されました。
人間のもともとの14本の歯よりも1本多く歯を修復することができたのです。

このセラミックの歯は特殊な接着剤でアバットメントに装着しますので患者様は はずすことができません。ご自分の歯とほぼ同じように咀嚼できます。

上段の写真は下顎を真上から見ています。
上段左は骨の中に入っているインプラントに特殊な部品をつけたところです。
歯肉を貫通して、歯肉の上に存在する部品でアバットメントといいます。
インプラント周囲の歯肉も非常に健康な理想的な状態になりました。
この方は歯周病で歯を抜歯することになってしまいました。
今のインプラントの周りには、まったく炎症がありません。
ピンク色のとてもきれいな歯肉です。
上段中央はアバットメントの上にかぶせるセラミックの冠です。
上段右はセラミックのインプラント上部構造を装着したところです。

下段の写真はわかりやすいように前方から撮影してあります。
下段左はアバットメントが装着されているところです。
下段中央は右の奥と前歯部だけセラミックのインプラント上部構造を 装着したところです。
下段右は全てのセラミックのインプラント上部構造を装着したところです。

下の写真がこの患者様のレントゲン写真です。
理想的な角度と長さでインプラントが埋入され、セラミックの上部構造の左右の バランスも非常に良い状態です。

いくらインプラントが良いと言ってもインプラント1本にかける荷重は少ないほうが 長期的には良いとわたしは考えています。
患者様のご都合も考えなくてはいけませんが、この患者様のように、できるだけ 多くのインプラントを埋め込んだ方が安全なのです。

インプラントイメージ

何本のインプラントを入れて、奥のどの辺までインプラント上部構造を入れるかと いうことに関しては、欠損している骨の形、骨の厚みやその人の上下顎の前後的 な骨格、咬み合わせ、残存している歯の本数、残存している歯の上下の位置関係、 インプラントの長さ、直径、埋入角度など、書ききれないほどのさまざまな要因を 診査しなくてはならないと思っています。

最近では歯科用CT(コーンビームCT)という最新の機械があります(2008年4月15日当院 に導入されました)。この機械で歯が欠損している部分の骨の形を詳しく診査でき ます。


また、どのようにインプラントが入るのかコンピューター上でシミュレーション できますので、それをご覧になれば、手術に対してのご不安も解消されると 思います。

充分に時間をかけてあらゆることを慎重に診査する事がインプラント治療の 成功にとても重要と考えています。
インプラント治療で皆さんが豊かな食生活を送れ、生活の質が向上しますよう にお手伝いしたいと考えています。

デンターネット

診療日時のご案内

■診療時間

  • 9:00〜13:00、14:30〜18:30
  • 土・日・祝日も診療中
  • 不定休のため初診の方はお問合せください
  • tel.048-521-001

エル歯科医院
埼玉県熊谷市弥生1-19
Tel.048-521-0001
Fax.048-521-0002

熊谷市弥生1-19

大きな地図はこちら

熊谷市だけでなく、深谷市・行田市・鴻巣市・東松山市・大泉町・太田市・館林市・大里郡・児玉郡などからもインプラント治療のために多数来院されております。

携帯サイト

Dr. Navi

---