エル歯科医院について
医院案内
スタッフ紹介
メディア掲載実績
アクセスマップ
トップページへ戻る
診療内容
インプラント
審美歯科
入れ歯・義歯
矯正歯科
予防歯科
歯周病講座

入れ歯とインプラントの違い

上顎の6前歯が存在、奥歯がすべて欠損した2人の患者様

下の写真の患者様は、上顎(上のアゴ)の奥歯が両方とも欠損しています。

入れ歯を外した状態 入れ歯自体の写真
取り外しの入れ歯(義歯)を外した状態 この方の入れ歯自体の写真
義歯をはめている状態
義歯をはめている状態
この入れ歯で充分満足されている方もたくさんいらっしゃいます。 しかし奥歯が無くなった方で取り外しの入れ歯がどうしてもなじめない方がいらっしゃいます。 特に上の顎の場合は口蓋にまたがってしまう為、異物感を強く感じる傾向にあります。 義歯を入れていると、つばや食べ物が飲み込みづらい、吐き気などをもよおしてしまう方にはインプラント治療をお勧めしております。


こちらの患者様も同じように上顎の前歯が6本残っていました。
前歯はセラミックで治療して、奥歯はインプラント治療をされました。

セラミック治療とインプラント治療
左右8本のインプラントが挿入されて、9本のセラミックによるインプラント上部構造が装着されています。インプラント上部構造にはネジで留めるタイプのものと接着剤で留めるものがあります。この方のインプラント上部構造には薄いグレーの丸いところがありますが、この中にねじ穴があり、レジンで封鎖されております。万一のときはネジをはずして、インプラントからセラミックの上部構造を分離して、メインテナンスすることができます。


治療後の写真

右側 正面 左側
このように入れ歯から解放されれば、吐き気で苦しむこともなくなり、快適な食生活を送ることができます。また入れ歯より発音しやすくなるので、人前でお話しする機会が多い職業の方には喜ばれております。
歯がなくなった患者様が家族やお友達と食卓を囲み、同じものを何の制限なく食事をすることで精神的にも若返ることができると思います。このようにインプラント治療が皆様の生活の質を向上させる場合もあります。


治療前後のレントゲン写真

インプラント治療前
インプラント治療後
治療前のレントゲン写真では、上の歯がないので下の奥歯が上に出っ張りすぎているのがお分かりだと思います。下の歯を正常であった時の形に戻さないと、上の歯を良く入れることができません。かみ合わせは上下の奥歯で構成されます。片方が良くても片方が悪ければ、良い噛み合せにならないのです。
このようにインプラントで新しい歯を作る時は、それにかみ合う反対の歯の形が重要です。この方は下の奥歯もすべて冠をかぶせ直しました。これで、インプラントの歯と下の新しい冠で上下理想的な噛みあわせができました。

デンターネット

診療日時のご案内

■診療時間

  • 9:00〜13:00、14:30〜18:30
  • 土・日・祝日も診療中
  • 不定休のため初診の方はお問合せください
  • tel.048-521-001

エル歯科医院
埼玉県熊谷市弥生1-19
Tel.048-521-0001
Fax.048-521-0002

熊谷市弥生1-19

大きな地図はこちら

熊谷市だけでなく、深谷市・行田市・鴻巣市・東松山市・大泉町・太田市・館林市・大里郡・児玉郡などからもインプラント治療のために多数来院されております。

携帯サイト

Dr. Navi

---